山田

“HUBノマド”ノスゝメ

投稿日:

HUB

三連休の中日、ゲームの入稿データ作成&Webデザインお勉強中の山田です。

最近、外で作業することがあると、もっぱらHUBに立ち寄っています。

チェーン店のためご存知の方も多いかと思いますが、HUBはキャッシュ・オン・デリバリー(cash on delivery)形式で気軽にお酒が飲めるパブであります。

株式会社ハブは、英国パブチェーンのHUB82ALE HOUSEの経営を行う企業。ロイヤルホールディングスグループ。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一般的に、外出先での作業場所といえば、定番はカフェだと思います。

珈琲一杯が数百円でありながら、店によってはフリーWifi電源があったりと、PCを使った作業を伴う場合には何かと重宝しますよね。

ただ、毎度カフェとなると、なんとなく「気分転換にならない」とか「珈琲ばかりで飽きる」といった心境になることもあるわけです。

で、そもそもですが、私がノマド的な作業場に求める条件を少し挙げてみると、次の3点のみとなりました。

  1. 一品注文するだけで長居できる
  2. 無料・無制限のWifi環境がある
  3. 駅近でアクセスしやすい

都内にある多くのカフェは確かにこれらを十分に満たすのですが、例えばある休日の午後13〜18時を作業時間に充てるとして、13〜15時で「カフェA」、16〜18時で「カフェB」と “はしご” するのは、なんとなーーく頭の切り替えにならないことが多いのです。

そこで、「カフェB」の代わりにHUBという選択肢を提案したいのです!

HUBは上記の条件をすべて満たすほか、ほとんどの店舗でオープン〜19時までが対象の「ハッピーアワー」というサービスタイムが存在するからです。

「ハッピーアワー」では、カクテル全品半額のほか、多くのドリンクが30%OFFといったサービス価格で提供されるのです。

しかも、HUBには加入するだけでお得にしかならない「メンバーズカード」があります。

メンバーに加入するとすべてのお会計が5%OFFになるほか、飲食券と引き換えられるポイントの付与や、期間限定の割引券的なお得メルマガも配信されるようになります。

山田のHUBメンバーズカード

ここまで語るとHUBの回し者のようですが、本家とはまったく無関係のただの一ファンですので、皆さんこれを機にHUBでの快適なノマドライフを送ってみてはいかがでしょうか?

(追記)とはいえ、HUBはれっきとしたパブです。未成年の方はその点ご注意いただきたい他、店舗や時間によってはかなり騒々しい場所でもありますので、作業場としてご検討の皆さまは、ぜひ店舗の見極めからはじめていただけると良いかと思います。

-山田
-, ,

Copyright© ゴーバナナファクトリー , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.